インターナショナル サーフィン博物館 International Surfing Museum

インターナショナル サーフィン博物館 貴重なサーフィンに関する展示

インターナショナル サーフィン博物館 International Surfing Museum

インターナショナル サーフィン博物館(International Surfing Museum)はサーフィンに関する博物館。1987年にナタリー コッチ(Natalie Kotsch)とアン ピーズリー(Ann Beasley)という2人の女性によって設立され、1990年6月に現在のハンティントンビーチダウンタウンに移設された。
ナタリーとアンは、1998年にサーフィン・ウォーク・オブ・フェームSurfing Walk of Fame)のオーナーロールに選出された。

インターナショナル サーフィン博物館 の場所と行き方

インターナショナル サーフィン博物館 International Surfing Museum

インターナショナル サーフィン博物館には、歴史的なサーフボードやスケートボード、伝説のサーファーに関する情報などを展示し、古典的なサーフ映画を上映している。また、サーフィンをテーマにした彫刻やアートを見たり、サーフ・ミュージックを聞くことができる。また、ハンティントンビーチがサーフシティ(Surf City)として発展していく歴史を知ることができる。
入場料は非常に安い。 ⇒ 入場料や開館時間は公式ホームページで

ビッグボード Big Board

ビッグボード Big Board

長さ42フィート(12.8m)、幅11フィート(3.3m)、厚さ16インチ(40.6cm)の超巨大サーフボードが屋外に展示されている。2015年6月20日にこのボードで66人のライダーが乗って12秒間サーフィンをしてギネスレコードを塗り替えた。
 ⇒ ビッグボード・ライドの詳細ページ

 

協力:カリフォルニア観光局、Visit Huntington Beach

 

インターナショナル サーフィン博物館 の場所と行き方

International Surfing Museum 411 Olive Ave, Huntington Beach, CA
ロサンゼルス国際空港から車(レンタカー)で行く場合の一例。

 ⇒ 大きな地図で見る

ページTOPへ

カリフォルニア州の関連記事【特選レポート】

コメントする