レビット シェル Levitt Shell

レビット シェル メンフィスのミュージックコミュニティの場

レビット シェル Levitt Shell

レビット シェル(Levitt Shell)はメンフィスのミッドタウンにあるオーバートン・パーク(Overton Park)内にある円形の野外コンサート会場。野外の公共施設では珍しく、21歳以上であればガラス瓶以外のアルコール飲料が許可されている。無料コンサート時は芝生座席はフリーだが、ベンチシートは身体障害者用なので健常者は利用しないのがモラルである。
レビット シェルの場所と行き方

レビット シェルの歴史

レビット シェル Levitt Shell

1936年 メンフィス市とWPA(Works Progress Administration)が11,935ドルをかけて建設した。(当時の名称は Overton Park Shell)
1930年代から
1940年代
オーケストラ、ライトオペラ、ミュージカルの演奏の場であった。
1954年7月30日 カントリーミュージシャンのスリム ウィットマン(Slim Whitman)がヘッドライナーを務めるステージの前座で、「That’s All Right」(1954年7月19日)をリリースした直後のエルビス プレスリーが音楽史初のロックンロールショーを披露した。
1960年代 シェルは荒廃していった。
1972年 シェルのほとんどのスペースが駐車場に変わった。
1985年 シェルは閉鎖となった。
2005年 メンフィス市とMortimer&Mimi Levitt財団がシェルを改装し、毎年50回の無料コンサートを行った。
2007年 本格的な改装が始まり、Levitt Shell に改名。
2008年9月4日 再開。
現在 国内外のミュージシャンのコンサートや、年間50公演の無料コンサートが行われる施設として稼働している。

 

協力:メンフィス観光局

 

メンフィスの観光スポット

観光スポット(一般観光)
 ビールストリートサンスタジオ
 グレースランドグレースランド マンション
 エルビス プレスリーズ メンフィスゲスト ハウス アット グレースランド
 ギブソン メンフィス工場スタックス・アメリカンソウル博物館
 メンフィス・ロックンソウル博物館W.C.ハンディ ハウス博物館
 メンフィス音楽大殿堂博物館国立公民権運動博物館
 ブルースの殿堂博物館キャノン センター
 コットンミュージアム
 ビッグ・リバー・クロッシングテネシー ウェルカムセンター
 ミシシッピリバーミュージアムマッドアイランドリバーパーク
 ピーバディ メンフィスメインストリートトロリー
 エルナンド・デ・ソト ブリッジレビット シェル
 メンフィス国際空港シェルビー・ファームズ・パーク
グルメ & ミュージック バー
 B.B.キング ブルース クラブラム・ブギー・カフェ
 アーケードレストランイッタ ベナ レストラン & バー
 チャールズ ベルゴズ ランデブーセントラルBBQ
 フェリシア・スザンヌズGus's Fried Chicken
 ザ ビューティー ショップブラフ シティ コーヒー
ミュージック
 メンフィスの3人のミュージック・キング   メンフィス交響楽団
 インターナショナル・ブルースチャレンジ
 ビール ストリート ミュージック フェスティバル
スポーツ
 オートゾーンパークフェデックス・フォーラム
 リバティボウルメンフィスオープン
ショッピング
 ランスキーブラザーズバスプロショップス・アット・ザ・ピラミッド
 メンフィス ドラム ショップ
メンフィスのホテル
 デラックス クラス  スタンダード クラス  エコノミー クラス

レビット シェルの場所と行き方

Levitt Shell 1928 Poplar Ave, Memphis, TN

メンフィス国際空港からレビット シェルへ、車(レンタカー)で行く場合の一例。

 ⇒ 大きな地図で見る

ページTOPへ

テネシー州の関連記事【特選レポート】

コメントする