グラナダ劇場 The Granada Theatre

グラナダ劇場 歴史、美しさ、最新機能をかねそなえた劇場

グラナダ劇場 The Granada Theatre
グラナダ劇場 The Granada Theatreグラナダ劇場(The Granada Theatre)は、サンタバーバラダウンタウンステートストリートに位置する、サンタバーバラの舞台芸術コミュニティの震源地と言える劇場。
サンタバーバラ交響楽団(Santa Barbara Symphony)、ステートストリートバレエ(State Street Ballet)、オペラサンタバーバラ(Opera Santa Barbara)、サンタバーバラ合唱協会(Santa Barbara Choral Society)、CAMAなどの地元の芸術グループが本拠地として使用しているほか、国内外のクラシックからポップカルチャーのツアーコンサート、新しいブロードウェイシリーズの上演、映画上映が開催される最高のエンターテイメント会場である。
映画上映に関しては、サンタバーバラで唯一、最先端の全デジタル4K HD解像度のシネマシステムが装備されている。

驚くべき修復

グラナダ劇場 The Granada Theatre

1924年に建てられた歴史的な建物のため、1997年に各パフォーマンスにおいて機能面などで限界を向かえ、まったく新しい舞台芸術センターを建設するか大幅な改修に迫られた。
SBCPA委員会が2年かけて調査した結果、建物の素晴らしさを優先し改修することになった。サンタバーバラ交響楽団は、より良い自然な音響と大幅に広いプロセニアムアーチ、およびシェルとウイングのスペースを備えたステージを必要とした。オペラサンタバーバラは、より広いプロセニアムとより深いステージを必要とした。ステートストリートバレエは、ダンサーの身体的健康を保護するために柔軟な床を必要とした。UCSB Arts&Lecturesは、現代のツーリングダンスや音楽アトラクションのニーズに合った照明と音響技術の強化を必要とした。そして、グラナダ劇場を本拠地とする団体のほとんどが、更衣室の改善を要望した。観客シートやトイレを含む設備も完全にリニューアルされることとなった。2005年にはリニューアルプロジェクトが進行中にも関わらず、耐震改修も加えられた。
2008年4月9日、グラナダ劇場の歴史的で馴染みのあるファサードは維持され、サンタバーバラの歴史的ランドマークを継承しつつ、建築物の構造を強化し、機材は全て入れ替えられ、歴史、美しさ、最新機能をかねそなえた劇場としてリニューアルオープンした。

協力:カリフォルニア観光局、Visit Santa Barbara

サンタバーバラ の観光ポイント
 サンタバーバラのダウンタウンステートストリート
 エル パセオラ・アルカディア
 パセオ・ヌエーボサンタバーバラ郡庁舎
 サンタ・バーバラ美術館ミッション・サンタバーバラ
 スターンズワーフサンタバーバラ港
 サンタバーバラ海上博物館MOXI
 サンタバーバラ自然史博物館シーセンター
 ロベロ劇場アーリントン シアター
 グラナダ劇場ニューヴィック シアター
 サンタバーバラ パブリックマーケットサンタバーバラ ファーマーズマーケット
 ソルト ケイブ サンタバーバラキャット セラピー
 ファンクゾーンフィゲロア マウンテン ブリューイング
 ブラスベア ブリューイングラマドッグ タップルーム
 サード ウィンドウ ブリューイングピュア オーダー ブリューイング
 サンタ バーバラ アーバン ワイン トレイル
 マリンアクティビティ
 カーサ・デル・ヘレロソルバング
 サンタバーバラのホテルソルバングのホテル

 

グラナダ劇場の場所と行き方

The Granada Theatre 1214 State Street Santa Barbara, CA
ロサンゼルス国際空港から車(レンタカー)で行く場合の一例。

 ⇒ 大きな地図で見る

ページTOPへ

カリフォルニア州の関連記事【特選レポート】

コメントする