ケイズ・コーブ Cades Cove

ケイズ・コーブ グレートスモーキーズで人気のあるエリアの1つ

ケイズ・コーブ Cades Cove

ケイズ・コーブは山々に囲まれた広大な緑の谷で、グレート・スモーキー・マウンテンズ国立公園で人気のあるエリアの1つ。歴史的建造物が残っているのと、野生動物を目撃できるのが、ケイズ・コーブの魅力。

ケイズ・コーブ・ビジターセンターの場所と行き方

歴史的建物が残る谷

ケイズ・コーブ Cades Cove

ケイズ・コーブ・ビジターセンターの周辺やケイズ・コーブ・ループロード沿いに、18世紀から19世紀の教会、製粉所、納屋、丸太小屋などが復元されて建っている。ビジタセンターなどで、セルフガイドツアー用の小冊子を手に入れる事ができる。

野生動物を目撃できる谷

ケイズ・コーブの野生動物

野生生物を鑑賞するのに最適な場所で、たくさんのオジロジカが頻繁に見られ、クロクマ、コヨーテ、豚、七面鳥、アライグマ、スカンク、その他の動物も目撃されている。

ケイズ・コーブの歴史

ケイズ・コーブの歴史

ケイズ・コーブは、ネイティブ・アメリカンのチェロキー族が狩猟の場所としていた。
1820年代初頭に、ヨーロッパ人開拓者がこの肥沃な地にやってきて、トウモロコシなどを耕作して定住した。
1850年頃には人口が685人に達し、バプテスト教会、メソジスト教会、校舎などのコミュニティに関する建物も建てられた。
1934年にグレート・スモーキー・マウンテンズ国立公園の設立が認められてから、ケイズ・コーブから人々は引っ越ししだした。コミュニティが分散したため、1944年に最後の学校が閉鎖され、1947年に郵便局が閉鎖された。
1945年、国立公園局はケイズ・コーブを「歴史的地域」に指定し、古い丸太小屋と納屋のいくつかを修復し保存・管理することにした。

協力:National Park Service、ミシシッピ・リバー・カントリー

 

グレート・スモーキー・マウンテンズ国立公園 観光ポイントの一覧

 ビジターセンターケイズ・コーブケイズ・コーブ・ループロード
 ニューファウンド・ギャップ・ロードチムニー・トップス

ケイズ・コーブ・ビジターセンターの場所と行き方

Cades Cove Visitor Center Cable Mill Rd, Townsend, TN
アラモレンタカー ナッシュビル国際空港 / テネシー州 営業所からレンタカーで行く場合の一例。
※夏季の毎週水曜日はケイズ・コーブ・ループロードが車両通行止めとなるので注意が必要。

 ⇒ 大きな地図で見る

ページTOPへ

レンタカーやキャンピングカーでアメリカを走ろう

海外レンタカー 格安プランキャンピングカー レンタル

アラモレンタカー ナッシュビル国際空港 / テネシー州 営業所
アラモレンタカー ノックスビル マクギー・タイソン空港 / テネシー州 営業所
アラモレンタカー シャーロット・ダグラス国際空港 / ノースカロライナ州 営業所
クルーズアメリカ ナッシュビル / テネシー州
クルーズアメリカ シャーロット / ノース・カロライナ州

テネシー州の関連記事【特選レポート】

コメントする