ネネ Nēnē

ネネ ハワイの州鳥

ネネ Nēnē

ネネは、ハワイ島マウイ島カウアイ島に生息するハワイの固有種で、ハワイの州鳥。
カモ目カモ科の鳥で和名ハワイガン(英名:Hawaiian goose)。カナダガン(Canada goose)が祖先と考えられており、翼は短く脚が長い。地上の草を食べるので、歩くことが多く、泳ぐことはめったにない陸生のカモで、水掻きが小さくなっている。個体数が少なく、国際保護鳥に指定されている。

ネネが減少した経緯

ネネ Nēnē

1778年にキャプテン・クックがハワイに到着したとき、おそらく25,000羽のネネがハワイに生息していたと考えられているが、マングース、ネコ、イヌなどのネネを捕食する動物が持ち込まれたり、ハンターによる狩猟などが原因で、個体数は大幅に減少し、1940年代半ばには50羽しか残っていなかった。
また、牛、山羊、豚などの動物がハワイで飼育されることになり、ネネの低地での食料となる食用植物を奪われたのも、減少の原因と考えられている。

ネネの飼育繁殖と放鳥プログラム

ネネ Nēnē1970年代に、ハワイ火山国立公園は、ネネの飼育繁殖と放鳥プログラムを開始した。しかし、マングースや野良猫にひな鳥や卵が狙われ、道路では車に轢かれ、ゴルフコースではゴルフボールによって負傷または死亡することにより、思うように個体数が増加しない。
現在のネネは、危険な低地から高地に生息地を移しているが、高地では栄養不足により、ひな鳥が充分に成長しないので、自然に繁殖するのは非常に難しい状況である。
ハワイ火山国立公園の生物学者は、ネネに足環を付けて、バンディング(鳥類標識調査)を行い、そのモニタリング結果からネネの生態を把握し、ネネが繁殖するための改善を試み、より効率的な方法を模索している。

人に慣れると車両事故に巻き込まれる確率が高くなるので、食べ物を与えたり、むやみに近づくことは禁止されている。

協力:National Park Service

ヒロ Hilo
 ヒロパレスシアターリリウオカラニ庭園
 ココナッツアイランドライマン博物館ハワイ熱帯植物園
 ワイルク川州立公園レインボー滝アカカ滝州立公園
カイルア・コナ&コナコースト Kailua-Kona&Kona Coast
 カイルア・コナアリイ・ドライブフリヘエ宮殿
 モクアイカウア教会アフエナ・ヘイアウコナ・コーヒーベルト
 プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園キャプテンクック記念碑
ハワイ火山国立公園 Hawaii Volcanoes National Park
 ハワイ火山国立公園キラウエア・ビジターセンターキラウエア・カルデラ
 ハレマウマウ火口キラウエア展望台スチーム・ベント
 サルファー・バンクスキラウエア・イキプウ・プアイ展望台
 ケアナカコイ・クレーターデバステーション・トレイルサーストン溶岩洞
 チェーン・オブ・クレーターズ・ロードプヒマウ・クレーター
 パウアヒ・クレーターケアラコモ展望台ホーレイ・シー・アーチ
 プウ ロア ペトログリフ
ハワイ火山国立公園の野鳥
 ネネアパパネイイヴィ
 ハワイ・アマキヒハワイ・エレパイオオマオ
 アキアポーラー アウハワイアケパハワイ・クリーパー
 イオウアウコアエ・ケア
コハラ Kohala
 プウコホラ・ヘイアウパーカーランチ
マウナ ケア Mauna Kea
 マウナ ケア
ハマクア・コースト Hamakua Coast
 ワイピオ渓谷
カウ Kau
 プナルウ黒砂海岸

ページTOPへ

ハワイをレンタカーでドライブしよう

ハワイをレンタカーでドライブしよう 
ハワイ島のアラモ・レンタカーの営業所
 ・ ハワイ コナ空港
 ・ ハワイ ヒロ空港
 ・ ワイコロア ヒルトンホテル

バードウォッチングツアー

初心者でも楽しめるバードウォッチング ツアー初心者の方でも楽しめる、野鳥ガイド 久下直哉氏 と行くバードウォッチングのツアーです。
初心者でも楽しめるバードウォッチング ツアー(日本国内)

ハワイ州の関連記事【特選レポート】

コメントする