モクアイカウア教会 Moku`aikaua Church

モクアイカウア教会 ハワイで一番古い教会

モクアイカウア教会 Moku`aikaua Church

モクアイカウア教会(Moku`aikaua Church)は、カイルア・コナアリイ・ドライブ沿いに建つ、ハワイ州で一番最初に建てられたキリスト教の教会で、国家歴史登録財及び歴史的重要なナショナル・トラストに認定されています。

モクアイカウア教会の場所と行き方

モクアイカウア教会の歴史

1820年4月4日にアメリカ合衆国ニューイングランド州から、キリスト教徒の宣教師がハワイ島カイルア・コナの港に帆船サデウス号で到着し、宣教師の最初の居住地となりました。
1823年には初代の藁葺き屋根の教会が建設されましたが、焼失。1826年には宣教師、エイサ・サーストンがデザインした木製の教会が完成しましたが、こちらも1835年に焼失しました。
1837年に完成したのが現在の姿の教会で、簡単に焼失しないよう、ニューイングランドの建築様式を採用し、ハワイ産の資材を使って貿易風を上手に取り入れ、天然の涼風が建物全体に吹き流れる構造になっています。壁にはは溶岩や砂、人々が持ち寄ったサンゴを焼き、砕いて作った石灰に水を混合したモルタルが使われました。
教会内部にはオヒア材が使われています。オヒアという木は、ハワイ固有種でハワイ島で育つ植物です。説教壇、椅子、手すりなどは、今ではとても貴重となったコア材が使用されています。
教会の尖塔の高さは112フィート(34m)で、カイルア・コナでは一番高い建物となり、昔も今も長年にわたり、カイルア・コナのランドマークとして人々に愛されています。

協力:Hawaii Tourism Authority

ヒロ Hilo
 ヒロパレスシアターリリウオカラニ庭園
 ココナッツアイランドライマン博物館ハワイ熱帯植物園
 ワイルク川州立公園レインボー滝アカカ滝州立公園
カイルア・コナ&コナコースト Kailua-Kona&Kona Coast
 カイルア・コナアリイ・ドライブフリヘエ宮殿
 モクアイカウア教会アフエナ・ヘイアウコナ・コーヒーベルト
 プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園キャプテンクック記念碑
ハワイ火山国立公園 Hawaii Volcanoes National Park
 ハワイ火山国立公園キラウエア・ビジターセンターキラウエア・カルデラ
 ハレマウマウ火口キラウエア展望台スチーム・ベント
 サルファー・バンクスキラウエア・イキプウ・プアイ展望台
 ケアナカコイ・クレーターデバステーション・トレイルサーストン溶岩洞
 チェーン・オブ・クレーターズ・ロードプヒマウ・クレーター
 パウアヒ・クレーターケアラコモ展望台ホーレイ・シー・アーチ
 プウ ロア ペトログリフ
ハワイ火山国立公園の野鳥
 ネネアパパネイイヴィ
 ハワイ・アマキヒハワイ・エレパイオオマオ
 アキアポーラー アウハワイアケパハワイ・クリーパー
 イオウアウコアエ・ケア
コハラ Kohala
 プウコホラ・ヘイアウパーカーランチ
マウナ ケア Mauna Kea
 マウナ ケア
ハマクア・コースト Hamakua Coast
 ワイピオ渓谷
カウ Kau
 プナルウ黒砂海岸

モクアイカウア教会の場所と行き方

Moku`aikaua Church 75-5713 Alii Dr, Kailua-Kona, HI
アラモレンタカー ハワイ コナ空港 営業所からレンタカーで行く場合の一例。

 ⇒ 大きな地図で見る

ページTOPへ

ハワイをレンタカーでドライブしよう

ハワイをレンタカーでドライブしよう
ハワイ島のアラモ・レンタカーの営業所
 ・ ハワイ コナ空港
 ・ ハワイ ヒロ空港
 ・ ワイコロア ヒルトンホテル

ハワイ州の関連記事【特選レポート】

コメントする