ブルーバード、ロビン、ツグミ Bluebirds, Robins, & Thrushes

マウントレーニア国立公園の野鳥 ブルーバード、ロビン、ツグミ

マウントレーニア国立公園で見ることができる、ブルーバード、ロビン、ツグミなどを挙げている。

コマツグミ American Robin

コマツグミ American Robinスズメ目ヒタキ科
マウントレーニア国立公園では、森林もしくは亜高山帯で、春から秋にかけて見ることができる夏鳥。一般的な平地の庭でも見ることができるので、生息地はかなり広い。地面の昆虫を探していることが多い。
頭と喉、翼が黒、胸と腹は赤い目のオレンジ色をしている。メスは淡い色、幼鳥は胸に暗い斑点があり、翼に白い縁がある。

ムジルリツグミ Mountain Bluebird

ムジルリツグミ Mountain Bluebirdスズメ目ツグミ科
マウントレーニア国立公園 サンライズ エリアなどの亜高山帯で、春から秋にかけて頻繁に見かけることができる夏鳥
オスは全体的に鮮やかな青色をしている。メスは灰色で、尾と風切羽は淡い青色。

シロハラコツグミ Swainson’s Thrush

シロハラコツグミ Swainson's Thrushスズメ目ツグミ科
マウントレーニア国立公園の森林で、春から秋にかけて見かけることが多い夏鳥。針葉樹林に巣を作る。
太平洋沿岸に生息するシロハラコツグミは、頭、背中、脇腹は赤みがかったオリーブ色で、胸は黄褐色から白に、腹には黒い斑点がある。
東部に生息するシロハラコツグミは、赤みがかってはおらず、濃いオリーブ色をしている。

ムナオビツグミ Varied Thrush

ムナオビツグミ Varied Thrushスズメ目ツグミ科
マウントレーニア国立公園の森林で、春から秋にかけてに見かけることが多い夏鳥
パッと見た感じ、ロビンと似ているが、ムナオビツグミにはオレンジ色の眉斑、黒い翼にオレンジ色が混じっていることで見分けることができる。

ニシフウキンチョウ Western Tanager

ニシフウキンチョウ Western Tanagerスズメ目ショウジョウコウ科
マウントレーニア国立公園の森林で、春から秋にかけて見ることができる夏鳥。オスは全体的に黄色く、赤い頭なので目立つ。メスも全体的に黄色いが頭部は赤くない。翼は雌雄共に灰黒色で、尾は黒く、比較的短い。

資料協力:National Park Service

 猛禽類ブルーバード、ロビン、ツグミコガラ、キクイタダキ、ミソサザイ
 カラス科キバシリ、ゴジュウカラ、キツツキタイランチョウ科
 アトリ科ライチョウヒバリとタヒバリ
 ハチドリホオジロ科アメリカムシクイ
 ツバメ水辺の野鳥

ページTOPへ

バードウォッチングツアー

初心者でも楽しめるバードウォッチング ツアー初心者の方でも楽しめる、野鳥ガイド 久下直哉氏 と行くバードウォッチングのツアーです。
初心者でも楽しめるバードウォッチング ツアー(日本国内)

ワシントン州の関連記事【特選レポート】

コメントする