カラス科 Corvids

マウントレーニア国立公園のカラス科の野鳥

カラスやカケスなどカラス科の鳥は、スズメ目の中で最大の鳥。カラス科の鳥は、人間の食べ物やゴミを利用することで有名で、知能や社会性において、鳥類の中でも注目に値する。カラス科の野生を保つためにも、食べ物やゴミの処分や管理を徹底する必要がある。

カナダカケス Gray Jay

カナダカケス Gray Jayスズメ目カラス科
マウントレーニア国立公園の森林、亜高山帯、高山帯で一年中見ることができる留鳥
羽毛は主に灰色で、ロッキー山脈で見られる個体群よりも黒い。
主に種子、ベリー、昆虫を採餌するが、キャンプ場で餌を漁るために、「キャンプ場強盗」と呼ばれている。
全長11.5インチ(29cm)。

ハイイロホシガラス Clark’s Nutcracker

ハイイロホシガラス Clark's Nutcrackerスズメ目カラス科
マウントレーニア国立公園の森林と亜高山帯で夏と秋に見ることができる。
一見、カナダカケスに似ているが、頭部に黒い部分が無いので、見分けがつく。
全長12インチ(30.4cm)。

ワタリガラス Common Raven

ワタリガラス Common Ravenスズメ目カラス科
マウントレーニア国立公園の森林、亜高山帯、高山帯で一年中見ることができる留鳥
全長24インチ(60.9cm)。カケスはホッピングするが、ワタリガラスは闊歩する。

ステラーカケス Steller’s Jay

ステラーカケス Steller's Jayスズメ目カラス科
マウントレーニア国立公園の森林と亜高山帯で一年中見ることができる留鳥で、よくグループで採餌しているのを見ることができる。
全体的に紺色で、頭と冠羽は黒い。
全長11.5インチ(29.2cm)。

資料協力:National Park Service

 猛禽類ブルーバード、ロビン、ツグミコガラ、キクイタダキ、ミソサザイ
 カラス科キバシリ、ゴジュウカラ、キツツキタイランチョウ科
 アトリ科ライチョウヒバリとタヒバリ
 ハチドリホオジロ科アメリカムシクイ
 ツバメ水辺の野鳥

ページTOPへ

バードウォッチングツアー

初心者でも楽しめるバードウォッチング ツアー初心者の方でも楽しめる、野鳥ガイド 久下直哉氏 と行くバードウォッチングのツアーです。
初心者でも楽しめるバードウォッチング ツアー(日本国内)

ワシントン州の関連記事【特選レポート】

コメントする