キバシリ、ゴジュウカラ、キツツキ Creepers, Nuthatches, & Woodpeckers

マウントレーニア国立公園のキバシリ、ゴジュウカラ、キツツキ

マウントレーニア国立公園で見ることができるキバシリ、ゴジュウカラ、キツツキを挙げている。

アメリカキバシリ Brown Creeper

アメリカキバシリ Brown Creeperスズメ目キバシリ科
マウントレーニア国立公園の森林で一年中見ることができる留鳥
アメリカキバシリは、腹は白いが、羽は茶色の縞模様で、木を這い上がっている時のカモフラージュとなっている。
木の幹を這って、薄く湾曲したくちばしを使って樹皮をこじ開けて昆虫を探す。
全長は、5.25インチ(13cm)と、小型の野鳥。

ムネアカゴジュウカラ Red-breasted Nuthatch

ムネアカゴジュウカラ Red-breasted Nuthatchスズメ目ゴジュウカラ科
マウントレーニア国立公園の森林、亜高山帯で一年中見ることができる留鳥
頭と過眼線は黒く、眉斑とホオは白い。羽は青灰色で、胸から腹は淡いオレンジ色。
キツツキは尾で体を支えて幹に止まるので、頭は常に上になるが、ゴジュウカラは、頭を下にしても幹を上下に移動できる。
長く尖ったくちばしで、樹皮の溝に隠れた昆虫を探す。

セジロアカゲラ Hairy Woodpecker

セジロアカゲラ Hairy Woodpeckerキツツキ目キツツキ科
マウントレーニア国立公園の森林、亜高山帯で一年中見ることができる留鳥
セジロアカゲラは全長 9.25インチ(23.5cm)の中型のキツツキ。黒い翼に白い斑点がある。オスの後頭部には、赤い斑点がある。尾は、幹に止まる時に体を支えられるように長く、しっかりとしている。
長くてまっすぐなノミのようなくちばしを使い、木の幹、根元、倒れた丸太、地面でエサを探す。

ハシボソキツツキ Northern Flicker

ハシボソキツツキ Northern Flickerキツツキ目キツツキ科
マウントレーニア国立公園の森林、亜高山帯で一年中見ることができる留鳥
全長は12.5インチ(31.7cm)で、大き目のキツツキ。
体は淡褐色で、背中と翼に黒い縞模様があり、腹に黒い斑点がある。頭は灰色。オスはホオの下が赤く、メスは茶色い線がある。

エボシクマゲラ Pileated Woodpecker

エボシクマゲラ Pileated Woodpeckerキツツキ目キツツキ科
マウントレーニア国立公園の森林で一年中いる留鳥だが、それほど多くない。
過眼線、喉から胸、腹にかけて、羽など、全体的に黒いが、顔と首に白い縞模様があり、赤い冠羽がある。オスには頬に赤い縞模様がある。
全長16.5インチ(42cm)で、かなり大きなキツツキ。
森に生息するオオアリを餌にする。

ムネアカシルスイキツツキ Red-breasted Sapsucker

ムネアカシルスイキツツキ Red-breasted Sapsuckerキツツキ目キツツキ科
ムネアカシルスイキツツキは、カナダとアメリカの西海岸沿岸の森林に生息しており、マウントレーニア国立公園の森林や亜高山帯に一年中いる留鳥だが、それほど多くない。
頭部全体、喉、胸が赤く、腹は黄灰色。羽と尾は黒。羽には白い斑点がある。
名前に”シルスイキツツキ”と付いているが、実際には樹液を飲むのではなく、樹木に穴をあけて、その穴の樹液に集る昆虫を採餌する。

資料協力:National Park Service

 猛禽類ブルーバード、ロビン、ツグミコガラ、キクイタダキ、ミソサザイ
 カラス科キバシリ、ゴジュウカラ、キツツキタイランチョウ科
 アトリ科ライチョウヒバリとタヒバリ
 ハチドリホオジロ科アメリカムシクイ
 ツバメ水辺の野鳥

ページTOPへ

バードウォッチングツアー

初心者でも楽しめるバードウォッチング ツアー初心者の方でも楽しめる、野鳥ガイド 久下直哉氏 と行くバードウォッチングのツアーです。
初心者でも楽しめるバードウォッチング ツアー(日本国内)

ワシントン州の関連記事【特選レポート】

コメントする