ライチョウ Grouse

マウントレーニア国立公園のライチョウ

ライチョウは、キジ科キジ目のライチョウ属に分類される野鳥。マウントレーニア国立公園では、2種類のライチョウが生息している。

アオライチョウ Sooty Grouse

アオライチョウ Sooty Grouseマウントレーニア国立公園では、亜高山帯に一年中いている留鳥。全長20インチ(50.8cm)で、割と大きい。
オス(写真:上)は、灰青色で、尾羽は明るい灰色。求愛行動のディスプレーとして、喉を膨らませて、首の両側にある、明るい黄色の気嚢と、オレンジ色の眉斑を示し、深い叫び声をあげる。

アオライチョウ Sooty Grouseメス(写真:下)は、全体的に灰色がかった茶色、淡黄色、白が混ざった複雑なカモフラージュ柄をしているので、見つけにくい。

オジロライチョウ White-tailed Ptarmigan

オジロライチョウ White-tailed Ptarmiganマウントレーニア国立公園では、高山帯に一年中いている留鳥。全長12.5インチ(31.7cm)。
冬は、目とくちばしを除いて、周りの雪と同じく真っ白。春から秋までは、暗褐色と淡褐色の複雑なパターンになって、岩場でのカモフラージュとなる。
繁殖期になると、オスの目の上には、真っ赤な線が現れる。

資料協力:National Park Service

 猛禽類ブルーバード、ロビン、ツグミコガラ、キクイタダキ、ミソサザイ
 カラス科キバシリ、ゴジュウカラ、キツツキタイランチョウ科
 アトリ科ライチョウヒバリとタヒバリ
 ハチドリホオジロ科アメリカムシクイ
 ツバメ水辺の野鳥

ページTOPへ

バードウォッチングツアー

初心者でも楽しめるバードウォッチング ツアー初心者の方でも楽しめる、野鳥ガイド 久下直哉氏 と行くバードウォッチングのツアーです。
初心者でも楽しめるバードウォッチング ツアー(日本国内)

ワシントン州の関連記事【特選レポート】

コメントする