ヒバリとタヒバリ Larks & Pipits

マウントレーニア国立公園のヒバリとタヒバリ

ハマヒバリはヒバリ科、アメリカタヒバリはセキレイ科と、種別は異なるが、共にマウントレーニア国立公園では、亜高山帯から高山帯にかけて生息し、互いに近くに巣を作り、繁殖期以外の時期には群れで一緒に採餌することがある。

ハマヒバリ Horned Lark

ハマヒバリ Horned Larkスズメ目ヒバリ科
マウントレーニア国立公園の亜高山帯で見ることができる夏鳥
ハマヒバリの色は地域によって異なり、太平洋沿岸北西部のオスは、肩に濃い赤みがかった色の「ショール」のような柄があり、顔、喉、胸に黄色い部分がある。
メスは、灰色がかった茶色で、喉に黄色い部分があり、茶色の胸バンドがある。

アメリカタヒバリ American Pipit

アメリカタヒバリ American Pipitスズメ目セキレイ科
マウントレーニア国立公園の亜高山帯で見ることができる夏鳥
茶色がかった灰色で、胸と側面に縞模様がある。長い尾を持ち、外側の羽にいくつかの白い部分がある。脚は長い。

資料協力:National Park Service

 猛禽類ブルーバード、ロビン、ツグミコガラ、キクイタダキ、ミソサザイ
 カラス科キバシリ、ゴジュウカラ、キツツキタイランチョウ科
 アトリ科ライチョウヒバリとタヒバリ
 ハチドリホオジロ科アメリカムシクイ
 ツバメ水辺の野鳥

ページTOPへ

バードウォッチングツアー

初心者でも楽しめるバードウォッチング ツアー初心者の方でも楽しめる、野鳥ガイド 久下直哉氏 と行くバードウォッチングのツアーです。
初心者でも楽しめるバードウォッチング ツアー(日本国内)

ワシントン州の関連記事【特選レポート】

コメントする