スズメ Sparrows

マウントレーニア国立公園のスズメ

このページでは、マウントレーニア国立公園に住む、スズメによく似たスズメ目ホオジロ科の野鳥に関して紹介している。

チャガシラヒメドリ Chipping Sparrow

チャガシラヒメドリ Chipping Sparrowスズメ目ホオジロ科
春から秋にかけて、マウントレーニア国立公園の亜高山帯で見ることができる夏鳥
全体的に灰色で、頭は茶色で黒い過眼線がある。羽は薄い茶色、濃い茶色、灰色、白色。

ウタスズメ Song Sparrow

ウタスズメ Song Sparrowスズメ目ホオジロ科
春から秋にかけて、マウントレーニア国立公園の森林や亜高山帯で見ることができる夏鳥
密集した低植生または低枝を、飛びまわっている。
北米全域で見ることができる野鳥だが、地域によって、色や柄が異なる。太平洋沿岸北西部の個体群は、全体的に濃い灰色がかった茶色で、茶色の縞があり、腹は白い。頭と過眼線は茶色で、眉斑とホオは白い。

ミヤマシトド White-crowned Sparrow

ミヤマシトド White-crowned Sparrowスズメ目ホオジロ科
春から秋にかけて、マウントレーニア国立公園の森林や亜高山帯で見ることができる夏鳥
尾が非常に長く、首が長く伸びる、頭部は白と黒のツートーン。黒く細い過眼線がある。太平洋沿岸の個体群は、首より下は茶色がかった灰色。背中と羽に茶色の縞模様がある。くちばしは黄色い。

ユキヒメドリ Dark-eyed Junco

ユキヒメドリ Dark-eyed Juncoスズメ目ホオジロ科
春から秋にかけて、マウントレーニア国立公園の森林や亜高山帯で見ることができる夏鳥だが、たまに冬でも見かけることがある。
マウントレーニア国立公園では頻繁に見ることができる。
北米全域で見ることができる野鳥だが、地域によって、色や柄が異なる。マウントレーニア国立公園のユキヒメドリは、オスは頭が黒く、メスは頭が濃い灰色。

資料協力:National Park Service

 猛禽類ブルーバード、ロビン、ツグミコガラ、キクイタダキ、ミソサザイ
 カラス科キバシリ、ゴジュウカラ、キツツキタイランチョウ科
 アトリ科ライチョウヒバリとタヒバリ
 ハチドリホオジロ科アメリカムシクイ
 ツバメ水辺の野鳥

ページTOPへ

バードウォッチングツアー

初心者でも楽しめるバードウォッチング ツアー初心者の方でも楽しめる、野鳥ガイド 久下直哉氏 と行くバードウォッチングのツアーです。
初心者でも楽しめるバードウォッチング ツアー(日本国内)

ワシントン州の関連記事【特選レポート】

コメントする