タイランチョウ Southwestern Willow Flycatcher

タイランチョウ 南西部のメヂロハエトリ

タイランチョウ

タイランチョウ(Southwestern Willow Flycatcher)は、かつては米国南西部全体で一般的だったが、水辺の植生の破壊、家畜の過剰放牧などが原因で、現在は野生で残っているのは900~1000ペアのみ。
灰色がかった緑色の背中と翼を持っており、各翼に2つの明るい色のバーがある。喉は白く、胸は薄い灰色で、腹は淡い黄色。くちばしの上顎は黒く、下顎はオレンジまたは黄色。

冬は、メキシコや中央アメリカで越冬し、春と夏にアメリカ南西部に渡ってきて繁殖する夏鳥グランドキャニオン国立公園では、コロラド川を取り巻く水辺のヤナギやコットンウッドの茂みで繁殖する。 グランドキャニオン国立公園は、水辺地帯にある重要な繁殖生息地を調査し、16の回復計画の営巣地を特定して保護に努めている。

5月下旬または6月上旬に、木の枝の間に、植物繊維、草、細断された樹皮を使って巣を作る。通常一度に2~5個の卵を産み、ヒナは7月中旬までに巣立つ。

協力:National Park Service

  カリフォルニア・コンドルメキシカン・ニシアメリカフクロウ
  タイランチョウウエスタン・キバシカッコウ
  ハヤブサアカオノスリオビオノスリ
  アメリカ カワガラスアメリカ ヤマセミコスズガモ
  ムナジロミソサザイカケス

 

グランドキャニオン国立公園の観光ポイント

 
 
 サウスリム(グランド・キャニオン・ビレッジ)
  グランドキャニオン・ビジターセンターヤバパイ・ミュージアム
  ヴェルカンプズ・ビジターセンターコルブスタジオ
  マーサーポイントマーサーポイント・アンフィシアター
  ヤバパイポイントランドマーク・フィーチャー
  ホピハウスルックアウトスタジオグランドキャニオン駅
  エル トバー ホテルブライトエンジェル ロッジ
  トレイラービレッジマーサー キャンプ場シャトルバス
  ヤキポイントサウスカイバブ トレイル
 ハーミットロード(ウエストリム)
  ハーミットレストホピポイントマリコパ・ポイント
  パウエル・ポイントモハーヴェ・ポイント
  トレイルビュー・オーバールックピマ・ポイント
 デザートビュー・ドライブ(イーストリム)
  デザートビューデザートビュー展望塔ナバホ・ポイント
  リパン・ポイントモラン・ポイントグランドビュー・ポイント
  ダック・オン・ザ・ロックショーション・ポイントパイプクリーク・ビスタ
  ツサヤン遺跡ツサヤン博物館
  デザート・ビュー・キャンプグランド
 ノースリム
  ノースリム・ビジターセンターグランドキャニオン・ロッジ
  ブライドル・パスブライトエンジェル・ポイント
  ノースリム・キャンプ場ワルハラ遺跡クリフ・スプリング
 トレイル
  トレイル・オブ・タイムリム・トレイルサウス・カイバブ・トレイル
  ブライトエンジェル・トレイルグランドビュー・トレイル
  ハーミット・トレイル
 バードウォッチング
  絶滅危惧種猛禽類水辺の鳥
  よく見かける野鳥

グランドキャニオン・ビジターセンターの場所と行き方

Grand Canyon Visitor Center S Entrance Rd, Grand Canyon Village, AZ
アラモレンタカー ラスベガス/マッカラン国際空港 営業所からレンタカーで行く場合の一例。

 ⇒ 大きな地図で見る

ページTOPへ

バードウォッチングツアー

初心者でも楽しめるバードウォッチング ツアー初心者の方でも楽しめる、野鳥ガイド 久下直哉氏 と行くバードウォッチングのツアーです。
初心者でも楽しめるバードウォッチング ツアー(日本国内)

アリゾナ州の関連記事【特選レポート】

コメントする