ハヤブサ Peregrine falcon

ハヤブサ 絶滅危惧から回復

ハヤブサ Peregrine falcon

ハヤブサ(Peregrine falcon)は、先の長く尖った翼と長い尾を持っている。頭部、ホオ、羽は青灰色。胸、腹部は全体的に白く、多くの青灰色で短い横縞がある。くちばしの元、脚、アイリングは黄色い。
翼幅は最大3.5フィート(1.1m)で、オスよりメスの方が大きい。

ハヤブサは、捕食者対策として崖の表面に巣を作る。グランドキャニオン国立公園の崖には、推定100ペアのハヤブサが生息している。

ハヤブサの獲物は、ハト、シギチドリ類やアヒル、その他の鳥で、上空や、崖淵の木の枝からターゲットを見つけると、ストゥープと呼ばれるダイビングによる急降下で捕まえるのが得意。その速度は時速200マイル(320km/h)に達する。ダイビング中、鼻孔の特殊な骨を使用して、空気の流れが肺に損傷を与えるのを防ぐ。

各繁殖ペアは、春の終わりに3~4個の卵を産み、ヒナは真夏に飛び始める。

1970年から1999年まで、ハヤブサはアメリカで絶滅危惧種に指定されていた。農薬DDTの影響により、1975年には、アメリカには324ペアのハヤブサしか残っていなかった。しかし、保護努力とDDT禁止のおかげで、ハヤブサの個体数は回復し、現在は絶滅危惧種ではなくなった。

協力:National Park Service

  カリフォルニア・コンドルメキシカン・ニシアメリカフクロウ
  タイランチョウウエスタン・キバシカッコウ
  ハヤブサアカオノスリオビオノスリ
  アメリカ カワガラスアメリカ ヤマセミコスズガモ
  ムナジロミソサザイカケス

 

グランドキャニオン国立公園の観光ポイント

 
 
 サウスリム(グランド・キャニオン・ビレッジ)
  グランドキャニオン・ビジターセンターヤバパイ・ミュージアム
  ヴェルカンプズ・ビジターセンターコルブスタジオ
  マーサーポイントマーサーポイント・アンフィシアター
  ヤバパイポイントランドマーク・フィーチャー
  ホピハウスルックアウトスタジオグランドキャニオン駅
  エル トバー ホテルブライトエンジェル ロッジ
  トレイラービレッジマーサー キャンプ場シャトルバス
  ヤキポイントサウスカイバブ トレイル
 ハーミットロード(ウエストリム)
  ハーミットレストホピポイントマリコパ・ポイント
  パウエル・ポイントモハーヴェ・ポイント
  トレイルビュー・オーバールックピマ・ポイント
 デザートビュー・ドライブ(イーストリム)
  デザートビューデザートビュー展望塔ナバホ・ポイント
  リパン・ポイントモラン・ポイントグランドビュー・ポイント
  ダック・オン・ザ・ロックショーション・ポイントパイプクリーク・ビスタ
  ツサヤン遺跡ツサヤン博物館
  デザート・ビュー・キャンプグランド
 ノースリム
  ノースリム・ビジターセンターグランドキャニオン・ロッジ
  ブライドル・パスブライトエンジェル・ポイント
  ノースリム・キャンプ場ワルハラ遺跡クリフ・スプリング
 トレイル
  トレイル・オブ・タイムリム・トレイルサウス・カイバブ・トレイル
  ブライトエンジェル・トレイルグランドビュー・トレイル
  ハーミット・トレイル
 バードウォッチング
  絶滅危惧種猛禽類水辺の鳥
  よく見かける野鳥

グランドキャニオン・ビジターセンターの場所と行き方

Grand Canyon Visitor Center S Entrance Rd, Grand Canyon Village, AZ
アラモレンタカー ラスベガス/マッカラン国際空港 営業所からレンタカーで行く場合の一例。

 ⇒ 大きな地図で見る

ページTOPへ

バードウォッチングツアー

初心者でも楽しめるバードウォッチング ツアー初心者の方でも楽しめる、野鳥ガイド 久下直哉氏 と行くバードウォッチングのツアーです。
初心者でも楽しめるバードウォッチング ツアー(日本国内)

アリゾナ州の関連記事【特選レポート】

コメントする