レイク・オフィーリア国立野生動物保護区

レイク・オフィーリア国立野生動物保護区 Lake Ophelia National Wildlife Refuge

グランドコート国立野生生物保護区

レイク・オフィーリア国立野生動物保護区は、ルイジアナ州 ルイ・アームストロング・ニューオーリンズ国際空港から北西に約172マイル(275km)に位置する、広さ17,500エーカー(70平方キロメートル)の保護区です。350エーカー(1.4キロ平方メートル)の恒久的に氾濫する湖、オフィーリア湖にちなんで名付けられました。
レイク・オフィーリア国立野生動物保護区の場所と行き方

レイク・オフィーリア国立野生動物保護区は、連続したミシシッピ川の底地の広葉樹林の一部でした。
渡り鳥、水生資源、および絶滅の危機に瀕している動植物の生息地を保護および回復する目的で、2000年10月に設立されました。

保護区の地形は、植物や動物の群集の多様性を生み出す尾根と、湿地によって特徴付けられます。
保護区には、8,400エーカー(34平方キロメートル)の底地林、4,200エーカー(17平方キロメートル)の再植林、3,400エーカー(13.7平方キロメートル)の耕作地が含まれます。これらの場所は、渡り性にエサを提供するのに適した環境です。

保護区の環境管理

レイク・オフィーリア国立野生動物保護区のスタッフは、さまざまなツールを使用して、野生生物が生息する環境を管理しています。

水管理

ミシシッピ川の氾濫原内にあるため、水管理は最も重要な管理ツールです。

水位は、約 1,500エーカー(6平方キロメートル)の貯水池または浅瀬プールで積極的に管理されています。カモのための植物、シギ・チドリ類のための干潟、渡り鳥のための浅瀬などに適した環境を維持するために、さまざまな湿地条件を提供するように管理されています。年間を通して水位を上げたり下げたりすることで、自然で動的な湿地のサイクルをシミュレートすることができます。

協同農業

オフィーリア国立野生動物保護区では、水鳥やその他の野生生物に、食料やその他の必要な生息地を提供することを主な目的として、積極的な共同農業プログラムを実施しています。
共同農業契約を通じて、農家は保護区の一部を利用して作物や葉を植えたり、収穫しない穀物を野生生物のために植えたりして、カモやガチョウにエサを提供することになります。このプログラムは保護区が、その目的を効率的かつ成功裏に果たすことを可能にします。

鹿の収穫管理

シカの群れを管理するために、シカ狩りなどを利用し、シカの個体数を、生息地がサポートできる密度まで減らし、健康的な生息地を維持します。

資料協力:U.S. Fish & Wildlife Service

ルイジアナ州のバードウォッチング・スポット

 バイユー・ソヴァージュ・アーバン国立野生動物保護区
 ビッグ・ブランチ・マーシュ国立野生動物保護区
 デルタ国立野生動物保護区バイユー・テケ国立野生動物保護区
 マンダレー国立野生動物保護区サビーン国立野生動物保護区
 キャメロン・プレイリー国立野生動物保護区
 ラキャシーン国立野生動物保護区バイユー・ココドリー国立野生動物保護区
 アッパー・ウォシタ国立野生動物保護区アチャファラヤ国立野生動物保護区
 レイク・オフィーリア国立野生動物保護区ハンディー・ブレイク国立野生動物保護区
 グランドコート国立野生生物保護区カタフーラ国立野生動物保護区

レイク・オフィーリア国立野生動物保護区の場所と行き方

Lake Ophelia National Wildlife Refuge
401 Island Road Marksville, LA
ルイ・アームストロング・ニューオーリンズ国際空港から車(レンタカー)で行く場合の一例。

 ⇒ 大きな地図で見る

ルイジアナ州の関連記事【特選レポート】