ロレッタ・リンの家

ロレッタ・リンの家 Loretta Lynn’s Homeplace

ロレッタ・リンの家

カントリー ミュージックの女王と呼ばれる、ロレッタ・リンが生まれ育った家(Loretta Lynn’s Homeplace)は、ルイビル国際空港から東に197マイル(315km)、ケンタッキー州ヴァン リア(Van Lear)にあります。

ロレッタ・リンの家の場所と行き方

ロレッタ・リンの家

実妹でカントリー歌手のクリスタル・ゲイル(Crystal Gayle)も一緒に住んでいた。

ロレッタ・リン

ロレッタ・リンは1932年4月14日にケンタッキー州で生まれ、15歳で結婚しワシントン州に移った。
21歳(1953年)の時に夫に買ってもらったギターを独学で弾くようになり歌いだす。
1960年に、カナダの小さな独立系レコード会社から初めてのシングルを発表。その後、ナッシュビルに移住し、デッカ・レコードと契約を結ぶ。
1962年、「Success」がカントリーTOP10ヒットとなり、“グランド・オール・オプリ”に出演。
1967年に「Don’t Come Home A-Drinkin’ (With Lovin’ on Your Mind)」が、初めてカントリーチャートでナンバーワンヒットを記録すると、次々とヒット曲を生みだした。
1976年に出した自伝がベストセラーになり、1980年に『歌え!ロレッタ愛のために』(Coal Miner’s Daughter)として映画化された。同映画は1981年に日本でも上映された。因みに主演のシシー・スペイセクは、第53回アカデミー賞で主演女優賞を受賞。
1988年、カントリー・ミュージックの殿堂入りをした。
2004年、全曲作曲に携わり、ザ・ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトがプロデュースした『Van Lear Rose』は大ヒットし、2005年に第47回グラミー賞最優秀カントリー・アルバム賞を受賞した。
2021年3月19日、過去の名曲をセルフカヴァーした『Still Woman Enough』を発表。
2022年10月4日、テネシー州ハリケーン・ミルズの自宅で逝去。享年90。

協力:Kentucky Department of Tourism

ブルーグラス関連ページの一覧

 ブルーグラス音楽殿堂博物館ケンタッキー音楽殿堂博物館
 ロレッタ・リンの家カントリー・ミュージック・ハイウェイ

ロレッタ・リンの家の場所と行き方

ルイビル国際空港から車(レンタカー)で行く場合の一例。
Loretta Lynn’s Homeplace Butcher Hollow Rd, Van Lear, KY

 ⇒ 大きな地図で見る

ページTOPへ

ケンタッキー州の関連記事【特選レポート】