ハワイ州

top_hi

州の成立過程

ハワイ諸島へ人類が移民してきたのは、4世紀から8世紀頃といわれています。
独自の文化を築き暮らしている中、初めてヨーロッパ人がやってきたのは18世紀になってからのことです。
1778年、イギリス人探検家、キャプテン・クックによりハワイ諸島は発見されました。
翌年、再びハワイに戻ってきたクックは、先住民とのもめごとで殺害されてしまうのですが、
彼の来訪はハワイの歴史の大きなターニングポイントになりました。

これをきっかけに白人たちとの交流が生まれ、さまざまな白人の文化がこの地に流れ込みます。
たとえば銃器は、カメハメハ1世がハワイ王国を建国するのに大きな役割を果たしました。
このように先進した道具などが流入し、文化的に進歩をみせた良い点もありますが、
いいことばかりではなく伝染病が流行りハワイアンの人口が激減したり、マイナスの面もありました。

1810年にはカメハメハ1世によりハワイ全土は統一されます。
カメハメハ王朝はその後5代続くことになります。
カメハメハ2世の時代、キリスト教教会の開設が認められました。
このことにより、多くの宣教師たちがアメリカからやってきて、キリスト教の布教を始めます。
1840年には、憲法も制定され、対外的にもハワイ王国は独立国家とみなされるようになります。
しかし、アメリカからの入植者が増え、経済的にも発達してくるとアメリカ寄りの政治を求める声が強くなります。
これにはサトウキビなどの大規模なプランテーションを経営する白人経営者たちが発言力を強めていたという背景があります。

その後、カラカウア王時代には白人たちがクーデターを起こします。
ハワイ独自の政治をハワイアンの手で!と精力的に活動するカラカウア王は白人たちによって脅威だったようです。
このクーデターにより国王の権限は制限され、ハワイ王室は政治力を失うことになります。
カラカウア王が死去した後は、予定通り妹のリリウオカラニが即位しました。
すっかり白人勢力のものとなっていた王国の中で、彼女は王権を取り戻す憲法を起案したり、白人たちと対立を深めていくことになります。

1893年、危機感を募らせた白人たちは、アメリカ海兵隊に出動を要請しイオラニ宮殿を包囲させます。
そして、政庁舎は占拠され、王政は廃止され臨時政府が樹立されてしまいます。
臨時政府はアメリカへの併合を求めるのですが、合衆国はこれを拒否しました。
アメリカのこの態度を見て、併合されるまで時間がかかると判断した臨時政府は独自の新憲法を発布し、1894年ハワイ共和国を成立させます。
翌年にはハワイ最後の王、リリウオカラニが位を退くことになりました。
このようにバタバタと、そして巻き取られるかのように、ハワイ王による統治は終焉を迎えるのです。
1898年、合衆国はハワイ共和国を併合し、ハワイ準州が誕生します。
準州として約60年の歴史を重ね、1959年8月21日、50番目の州として制定されることになりました。

隣の州との関係

四方を海に囲まれている唯一の州です。また、北米大陸上に位置しない唯一の州でもあります。
ハワイ州は、ハワイ島、マウイ島、カホオラウェ島、ラナイ島、モロカイ島、オアフ島、カウアイ島、ニイハウ島、の主要な8つの島と100以上の小さな島と環礁から成り立っています。

現在の位置づけ

ハワイと聞くと、サトウキビやパイナップルの農作のイメージがありますが、これは昔の話...。現在はその収入は微々たるものなのだそうです。現在の収入のメインは観光と軍関係です。
ハワイは知らない人はいない世界的に有名な観光地ですよね。ちなみに国外からの観光客の半分以上は日本人です。歴史的に見ても、古くから日本との結びつきが強いハワイ州ですが、日本の景気がハワイの景気も左右するといわれるほど、未だに深い関わりを持っています。
またハワイは州内に数多くの基地を抱えるアメリカの軍事拠点でもあります。長年、収入の一位は観光、二位が軍関係という順でしたが、近年、この図式が変わってきたようです。年度によっては軍関係の収入が上回ることもあり、ますます軍需の島のイメージが色濃くなりつつあります。


アメリカ合衆国造幣局50州25セントプログラム

発行年 2008年  発行順 50番

合衆国に最後に加盟したハワイ州のコインです。カメハメハ大王1世が8つのハワイの島に向かって手を伸ばしている姿が描かれています。島々の下には、ハワイ州のモットーである"UA MAU KE EA O KA 'AINA I KA PONO," という文字が刻まれています。直訳は「大地の生命は正義によって保持される」となりますが、歴史的な意味合いでは、「この国の統治権は正当な行為によって維持される」というものだそうです。この言葉はカメハメハ大王3世が残したものです。
画像提供:"United States coin images from the United States Mint."

観光名所

オアフ島 Oafu

ホノルル空港がある島。ホテルやショップが集まるワイキキは、いつも多くのリゾート客で賑わっています。サーファーに人気のノースショアなど緑豊かな自然も楽しめます。

火山のパワーを体感 ハワイ島

今も海に流れる灼熱の溶岩が噴煙を上げ、黒々とした溶岩台地が広がるハワイ島。広大な牧草地や、冬は雪ぼうしを被るマウナロアなど、とにかくスケールの大きな島です。

洗練された高級リゾート マウイ島

美しい白砂のビーチに沿ってラグジュアリーなリゾートが点在。内陸部には3000m級のハレアカラをはじめ手つかずの自然が残り、多彩なアクティビティが楽しめます。

ワイルドな自然の造形美 カウアイ島

ハワイの中で最初に誕生した島です。ダイナミックな渓谷の数々は、長い歳月が造り出したもの。ミニグランドキャニオンと称されるワイメア渓谷が見ものです。

人と自然の素朴さが魅力 モロカイ島

唯一の街カウナカカイを中心に、ありのままの自然が広がっています。人々は素朴で、アロハスピリットたっぷり。断崖絶壁をミュールで下る秘境への探検が人気です。

ラナイ島 貸切感覚の極上リゾート

信号もなく、喧噪から遠く離れて心静かに滞在できる島。高原にあるラナイシティのそばと、南側のビーチの2カ所にお薦めしたいラグジュアリーなリゾートがあります。

コナから南回りでヒロを目指す コナ空港~カイルアコナ~キラウエア~ヒロ

コナ空港から、黒々とした溶岩道路を南下し、太陽が眩しい港町カイルア・コナへ。南回りでボルケーノを目指します。寄り道をしないでも片道3時間半のロングドライブです。キラウエア公園内も広いので、周辺の街で滞在して翌日ゆっくり訪れてもいいでしょう。... 続きを読む

ハワイ州の関連記事【特選レポート】