ニューヨーク州

top_ny

州の成立過程

オランダ東インド会社に雇われ、大西洋横断航海に出たイギリスの探検家、ヘンリー・ハドソンは1609年にニューヨーク湾に到着します。
オランダはこの地に先住していたモヒカン族やワッピンガー族などと交易を始め、この地域の所有権を主張するようになり、結果この地に「ニューネーデルランド」という入植の基盤が誕生することとなるのです。
現在のマンハッタンと呼ばれるエリアは、先住民族からわずかな品物(3,000円程度?)と引き換えに手に入れたものだったようです。この無茶なやり口は土地を所有する、という概念に乏しい先住民族につけこんで行ったものだったそうで... 
マンハッタンを手に入れたオランダは、この土地の最南端に「ニューアムステルダム」という名をつけ、この島に生活の基盤となる道や建物を建設していくようになります。
その後、オランダは同時期にこの地への入植を進めていたイギリスとの間に戦いが起こり敗北、ニューアムステルダムは奪われ、時のヨーク公の植民地となったことに由来して、この地は「ニューヨーク」と名付けられることになります。
独立戦争において、この地はイギリス軍と大陸軍の激しい戦闘の地でした。
結果、大陸軍はイギリスに敗れ、ニューヨークはイギリスの手に陥落します。
アメリカはフランスに援護を依頼、フランスはかつての戦いで敗れたイギリスに対する報復もあり、アメリカと連合軍を結成、イギリス軍を破り、ニューヨークを取り戻すことになるのです。
そして1788年7月26日、アメリカ合衆国憲法を批准、11番目の州として制定されることになりました。

隣の州との関係

北西をオンタリオ湖、エリー湖、北をカナダ、東をバーモント州、マサチューセッツ州、コネチカット州、南をニュージャージー州とペンシルバニア州に隣接しています。

現在の位置づけ

常に世界中から注目を集める憧れの都、世界の経済、政治、文化をリードし続けている街という立場は変わらないでしょう。 さまざまな人種が小さなマンハッタン島に暮らし、それぞれの文化や言語を使ったコミュニティを形成しているという面でも世界の縮図のような街でもあります。 アメリカ合衆国造幣局50州25セントプログラム 発行年 2001年  発行順 11番 アメリカの象徴としてもおなじみの自由の女神像と、州の図が描かれています。よく見ると州の図には水路がはっきりと描かれていますが、これは州東部を縦断するハドソン川で、州を横断するエリー運河によりエリー湖とつながっています。これらの水路は、ハドソン川河口に位置するニューヨーク市の発展に大きく貢献しました。 画像提供:"United States coin images from the United States Mint." coin_New_York

観光名所

ニューヨーク New York

世界中から人々が集まる巨大な街ニューヨーク。アメリカの経済と文化の中心です。世界的な美術館、ブロードウエイのミュージカル、ハレムのゴスペルなどを楽しみアパートメントホテルに滞在する"クラス感覚"の旅が人気です。

ナイアガラの滝 アメリカ側

アメリカとカナダの国境にある有名な滝。五大湖がセントローレンス川に流れ込む途中にあります。膨大な水流が流れ落ちる様は迫力満点。滝の裏側から、船に乗って滝つぼからも観光できます。

ニューヨーク州の関連記事【特選レポート】