オレゴン州

top_or

州の成立過程

かつて、この地にはさまざまな先住民が暮らしていました。
16世紀に入るとスペイン人探検家がオレゴンコーストを発見し、これ以降さまざまな国から開拓民が訪れることになりました。
本格的な開拓は19世紀前半に進められましたが、開拓に関しては「オレゴントレイル」抜きに語ることはできません。
当時のアメリカは不景気に見舞われ、多くの人々が苦しい生活を強いられていました。
そんな中、ここにいるよりは...と新天地を求めて西を目指す人々がいました。
そんな彼らが辿った道が「オレゴントレイル」です。
この道は現ミズーリ州から続く、3200kmという険しい道のりでした。
半年にも及ぶ長い旅の途中、事故や伝染病などで命を落とす人も多く、まさに旅は命懸けだったそうです。
当時この地はオレゴン・カントリーと呼ばれるロッキー山脈の西から太平洋までの大きな土地で、イギリスとアメリカに共同で占有されていました。
両国はその境界線でもめることになりますが、1846年のオレゴン条約により北アメリカにおけるアメリカとイギリスの境界は「北緯49度線に平行」と定められ、後にこの線がアメリカとカナダの国境となりました。
これにより、イギリスとの共有地だったこの地はアメリカに併合されることになりました。
1848年オレゴン準州が発足し、1859年2月14日、33番目の州として合衆国に加盟しました。

隣の州との関係

北をワシントン州、東をアイダホ州、南をネバダ州とカリフォルニア州、西を太平洋に接しています。

現在の位置づけ

ダイナミックな海岸線、連なる壮大な山々など、美しい自然を一番の特徴としている州です。
経済面を見てみると、肥沃な大地を生かし、小麦などの農業や林業も盛んです。
また、州では多くのハイテク企業を誘致しています。
ポートランド周辺に広がる最先端工業地帯は、シリコンフォレストと呼ばれています。


アメリカ合衆国造幣局50州25セントプログラム

発行年 2005年  発行順 33番

オレゴン州の南部に位置するクレーターレイクをテーマにしたコインです。湖の一部を南南西から見た景色で、湖面に浮かぶウィザード島、ウォッチマンとヒルマンの山頂も一緒に描かれています。この湖は7千年前の火山の大噴火により生れたカルデラ湖で、鏡のような水面と引き込まれそうな蒼い湖面の美しい景観が人気です。
画像提供:"United States coin images from the United States Mint."

観光名所

ポートランド Portland

"グルメの街"として知られるポートランド。人口に対するレストランの数は全米一。オレゴン中から食材が集まり、多くのレストランがしのぎを削っています。今では世界ブランドになった「ナイキ」はこの街から生れました。

オレゴンコーストの港町 ニューポート

400マイルに渡るオレゴンコーストの中でも最も人気の港町で、素朴な"古き良きアメリカ"の風情が残る街です。本場のクラムチャウダーを味わうことも忘れずに。Mo's Restaurantが人気。

マウントフッドとコロンビア渓谷

ポートランド郊外、ワシントン州との州境に近い場所にオレゴン州の最高峰マウントフッドはそびえています。3425mの雄姿はオレゴンのシンボルにふさわしく、日系移民からは"オレゴン富士"と呼ばれました。

クレーターレーク国立公園

オレゴン州の南部に位置する国立公園。7千年前の火山の大噴火により生れたカルデラ湖で、鏡のような水面と引き込まれそうな蒼い湖面の美しい景観が人気です。湖畔のロッジに泊まり、移り変わる湖面の色を堪能します。

オレゴン州ワインカントリー

オレゴン州 ワインの特徴 オレゴン州は、カリフォルニア州とワシントン州の間に位置し、太平洋に面していて多様な地形に恵まれています。初夏から秋にかけてほとんど雨の降らない気候はピノ・ノワールやシャルドネ、ピノ・グリ、リースリングの生産に理想的... 続きを読む

オレゴンコーストからクレーターレークそしてマウントフッドへ。オレゴン州の魅力満喫ドライブ。

ポートランドを起点にオレゴン州の見所をひとめぐりする魅力のプランです。 まず太平洋岸に走り、壮大な海岸線の景観を楽しめる”オレゴンコースト”へ。海沿いを南下し途中で海から離れ、神秘的な佇まいのクレーターレーク国立公園... 続きを読む

オレゴン州の関連記事【特選レポート】