テネシー州

top_tn

州の成立過程

ユチ族などの先住民が暮らすこの地にヨーロッパ人がやってきたのは16世紀だったそうです。
入植の歴史に関しては諸説あるようですが、一説によればスペイン人探検家 エルナンド・デ・ソトの訪問が最初だったと言われています。
フロリダにいたデ・ソトは金を探しにノースカロライナのアパラチア山脈を目指します。
その行程でテネシーの地に入り、開拓を進めていくことになったようです。
独立戦争が終結し、パリ条約によってイギリスはアメリカに土地を割譲します。
割譲したのは、ミシシッピ川から東、五大湖の南の部分です。
この土地はオハイオ川を境に北西部領土と南西部領土に分けられることになりました。
南西部領土はノースカロライナの管轄でしたが、1790年南西部条例によって、合衆国政府に割譲されました。
この割譲された土地が現在のテネシー州のエリアです。
その後この地は南西部準州として歴史を刻み、1796年6月1日、16番目の州として昇格することになりました。

隣の州との関係

北でケンタッキー州、バージニア州に、東でノースカロライナ州、南でジョージア州、アラバマ州、ミシシッピ州、西でアーカンソー州、ミズーリ州、というたくさんの州に囲まれた珍しい州です。

現在の位置づけ

全米の中でも音楽の都として知られています。
メンフィスのブルース、ナッシュビルのカントリーという一大メッカは有名ですよね。
また州東部にはアパラチア山脈、グレートスモーキーマウンテンなどの国立公園などもあり、長い休暇を過ごす地としても注目されています。
経済面を見てみると、テネシー川流域で工業化が進んでおり、化学、鉄鋼、繊維などの工業が盛んです。
農業生産物では、トウモロコシ、小麦、綿花などが知られています。
貨物で知られるフェデックスは、州内メンフィスに本社を置いています。


アメリカ合衆国造幣局50州25セントプログラム

発行年 2002年  発行順 16番

3つの星とギター、トランペット、バイオリンが描かれているコインです。3つの星は、テネシー州の3つの地域を象徴する物であり、楽器はそれぞれの地域の異なった音楽スタイルを象徴するものでもあります。バイオリンは、テネシー州東部のアパラチア地方の音楽、トランペットは、有名なメンフィスがあるテネシー州西部のブルースを代表するも、そしてギターは、テネシー州の中央部、カントリーミュージックの故郷であるナッシュビルの象徴です。
画像提供:"United States coin images from the United States Mint."

観光名所

メンフィス Memphis

エルビス・プレスリーの邸宅グレースランドで知られるミシシッピ河畔の街です。ビール・ストリートにはブルース界の大御所BBキングの店やブルースのライブを売り物にする店が並んでいます。

ナッシュビル Nashville

"ミュージック・シティーUSA"とも呼ばれるこの街は音楽関係の会社が多く、中心街ミュージック・ロウには音楽出版社やスタジオが建ち並び、一角には「カントリー・ミュージックの殿堂」があります。

グレートスモーキー・マウンテンズ国立公園

全米一の入園者数を誇る、テネシー州と、ノースカロライナ州にまたがる国立公園です。 アメリカ東部では珍しい国立公園であり、野生動物に高い確率で遭遇できることでも知られています。 ハイカーに人気の約1360キロにも及ぶハイキングトレイルや、数時... 続きを読む

テネシー州の関連記事【特選レポート】